薬剤師オジーの薬の味情報室

薬剤師オジーが、主に日本国内に流通する薬の味見を行い勝手に伝えるブログです、個人の主観的なデータですが医療従事者の方、子育て中の親御さん、薬飲みにくいなと感じてる年配の方の薬の選択の役に立てればと思い行っています。

Imodium(ロペラミド)海外製品 比較情報

Imodium(ロペラミド)海外製品 比較情報

今回は味の情報ではなく、海外OTCと国内医薬品の比較情報をお伝えします。

海外ではOTCとして販売されているImodium(ロペラミド)、国内ではロペミン®カプセルなどとして下痢止めの薬として処方されるお薬です。

 

脱カプセルした際の中身の粉の量はほぼ同じ? (計量はしていないので正確には?)

味は同じでほぼ無味ですが。

f:id:ozy89314-lab:20171028184637j:plain f:id:ozy89314-lab:20171028184707j:plain  

f:id:ozy89314-lab:20171028184733j:plain f:id:ozy89314-lab:20171028184759j:plain

流石?海外 まず規格が1カプセルですでに国内製品の2倍 

国内添付文書状では上限・・(適宜増減はついてるけど)

 

Imodium2mg の添付文書には(引用)

Acute non-specific diarrhoea:
For adults and children of 6 years and older: 2 tablets (adults) or 1 tablet (children) as an initial dose followed by 1 tablet after each subsequent loose stool.
Do not exceed the following maximum daily dosages.

WEIGHT IN KILOGRAMS (kg) MAXIMUM DAILY DOSE
        from 14 kg         2 tablets
        from 20 kg         3 tablets
        from 27 kg         4 tablets
        from 34 kg         5 tablets
        from 40 kg         6 tablets
        from 47 kg         7 tablets
        from 54 kg         8 tablets

って記載あるし・・ 

通常の大人は1回2カプセル 最大で1日8カプセルまで

 

って8倍量。

 

日本人と海外の方では体の大きさとか代謝とかいろいろ条件は違うと思うけどここまで差があるとは・・

 

以前、海外の患者さんに日本のアセトアミノフェンカロナール®など)は少なすぎて効かないと言われたことがあるけど・・

 

訪日観光客が増えている今、オリンピックも控えている中で発売されている規格容量の違いや用法上の容量の違いもしっかり把握しないといけないなと改めて実感しました。

 

 

 

アトモキセチン塩酸塩の脱カプセルと味情報

アトモキセチン塩酸塩の脱カプセルと味情報

今回お伝えするのは、アトモキセチン(ストラテラ®)の脱カプセルと味情報です。

 

今回は25mgカプセルを用いました。

(規格としては5mg、10mg、25mg、40mg)

あります。

 

早速、脱カプセルします。

f:id:ozy89314-lab:20171006194824j:plain

中身は白色の粉末です。

f:id:ozy89314-lab:20171006194856j:plain



味情報です。

肝心の味ですが、多少の苦味を感じますが、

苦味としてはさほど強くはありません。後味も問題はないと感じますが、

味よりも、舌のしびれ感がかなり強いです。

歯科で受ける麻酔と同じような感覚で舌がしびれ、

舌の感覚が鈍化します。 (30分前後その効果は続いている気がします)

 

以上になります。

通常は脱カプセルしないものなので味は問題ないのかなともいます。

[http://
薬剤師ランキング]

 

 

 

エスゾピクロンの味情報

エスゾピクロンの味情報(追記あり)

今回お届けするのは、不眠症治療などに用いられるエスゾピクロン錠(ルネスタ®錠)の味情報(粉砕時の味情報です)

 

製品としての規格は1mg、2mg、3mgの3規格です。

今回は2mgを粉砕し味を確かめてみました。

f:id:ozy89314-lab:20170909194834j:plain f:id:ozy89314-lab:20170909194859j:plain

味情報です。

かなり苦いです、それ以上でもそれ以下でもなく苦いです。 そしてだ内部長い時間口の中に苦みが残ります。

 

結論としてやはり必要な場合以外は粉砕はしないのがベストと思います。

 

参考情報として①

エスゾピクロン:ラセミ体のゾピクロンのエナンチオマーの一方S体のほうであり

ゾピクロン(アモバン®)の薬理活性のの大部分を占めているものです。

 

参考として② アモバン®の添付文書にはSEとして苦味4.18%(11677例中488件)

      ルネスタ®の添付文書にはSEとして味覚異常36.3%(325例中118件)となっています。n数が違うので何とも言えませんが・・

 

ゾピクロンの粉砕もかなり苦いです。。。

 

追記として(9月10日)

服用後(味見後)1日が経過しましたが、唾液中への移行による味覚異常(苦みを強く感じる)は起きていません。

考えられる理由としては

①服用量(味見した量)が少なかったこと(2mg1錠を粉砕しましたが全量は服用していないこと)

②1回だけ(1日のみの)服用だったこと

③個人的な体質(苦味に対する味覚の違い)などかなと考えています。

 

リザトリプタン安息香酸塩口腔内崩壊錠の味情報

リザトリプタン安息香酸塩OD錠の味情報

今回お伝えするのは、片頭痛治療薬として用いられるリザトリプタン口腔内崩壊錠(先発品はエーザイさんのマクサルトRPD®)の味情報です。

 

今回は先発品と後発品としてファイザーさんのものを比較します。

 

まずは、見た目から。

先発品(マクサルト®)は1錠ずつの包装

3錠入るケースに入れて携帯することが多いと思います。

 

ファイザーさんのものは、

6錠で単位のシートです、中央部に分割の計線があります

患者用パッケージが付きます、そのパッケージには錠剤の横に服用日時を記載する欄があります。

 

錠剤自体の大きさは、ファイザーさんの製剤のほうが小さめです。

 

f:id:ozy89314-lab:20170905190013j:plain f:id:ozy89314-lab:20170905185941j:plain f:id:ozy89314-lab:20170905185901j:plain

 

f:id:ozy89314-lab:20170905190112j:plain f:id:ozy89314-lab:20170905190202j:plain 

 

 

 

それでは情報です。

最初に先発品である(マクサルトRPD®

かなり強めのミントの風味と強めの甘味を感じますが苦味は感じません。

錠剤自体にやや貼り付くような感じはありますが、

崩壊する速度はとても早くすーっと無くなっていく感じです。

 

次にファイザーさんのものを

甘味はあるがさほど強くはなく、風味(ミント?)もあるが先発品と比べるとほぼ無いに等しいと感じます、こちらも苦味はほぼ感じません。

崩壊する速度はやや遅く、ホロホロと崩れていくような感じです。

 

薬価は先発品 ¥945.1

   後発品 ¥382.2です。この差は正直大きいかなと思います。

以上です。

 

[http://
薬剤師ランキング]

 

プレガバリン口腔内崩壊錠の味情報

プレガバリン口腔内崩壊錠の味情報

今回お伝えするのは、プレガバリン口腔内崩壊錠(リリカ®OD錠)の味情報です。

先行剤型品としてカプセル剤がありますが、今回口腔内崩壊錠(OD錠)が剤型追加になりましたのでお伝えいたします。

 

規格は25mg、75mg、150mgです。(試したのは25mgですがすべて味は同じようです)

 

まずは見た目です。

刻印は識別コードと規格が片面づつに刻印です。

f:id:ozy89314-lab:20170618144948j:plain f:id:ozy89314-lab:20170618145122j:plain f:id:ozy89314-lab:20170618145214j:plain

 

味情報

ほんのり柚子の香りと少しの甘味です、苦みも多少感じますが苦味で服用できないというほどではないと感じます(25mgだったので・・)

溶け方はほろほろと崩壊していく様に感じました。

 

個人的な感想として、脱カプセル時の苦味からすると相当改善されていると感じました。 正直OD化する意味あったのか疑問に感じていましたが、ここまで味に関して改善されているとは企業努力の素晴らしさに感激しました。

 

以上です。

合わせてお読みください。

プレガバリンの脱カプセルと味情報 - 薬剤師オジーの薬の味情報室

 

[http://
薬剤師ランキング:title]

 

ナルフラフィン塩酸塩OD錠の味情報

ナルフラフィン塩酸塩OD錠の味情報

今回お伝えするのはナルフラフィン塩酸塩OD錠(レミッチ®OD錠)の味情報です。

先行してカプセル剤が出ていましたが新たに剤型(OD錠)が追加になっております。

 

見た目は赤褐色の錠剤です。 片面に識別コードの刻印のみです。

f:id:ozy89314-lab:20170618143117j:plain f:id:ozy89314-lab:20170618143148j:plain

 

味情報です。

味は、苦みは全くなくほんのり甘味がある程度で特別な香りもありません。

口どけはややゆっくり目だがスッと溶けていく感じです(崩壊する感じではないです)

 

ナルフラフィン塩酸塩: 血液透析患者さんや慢性肝疾患患者さんの掻痒症状の改善に用いられます。

以上です。

 

[http://
薬剤師ランキング:title]

モンテルカストOD錠の味情報

モンテルカストOD錠の味情報

今回お伝えするのは、モンテルカストOD錠(先発品はシングレア®キプレス®のOD錠)の味情報です。

今回の追補(2016年12月)で一番の注目品で28社64製品がでます。

その中でOD錠は5社10製品です。(エルメッドエーザイ(EE)さん、武田テバさん、高田製薬(タカタ)さん、小林化工(KN)さん、MeijiSeikaファルマ(明治)さん)

そのうち、EEとKNさんは同じ、明治とタカタさんは製造工程が同じとのことです。

 

ですので、今回は武田テバさん、エルメッドエーザイ(以下EE)さん、高田製薬(以下タカタ)さんの3社のものの比較を行います。

 

前置きが長くなりましたが、まずは見た目(外観)から。

 

f:id:ozy89314-lab:20161210190017j:plain f:id:ozy89314-lab:20161210185936j:plain 

f:id:ozy89314-lab:20161210190137j:plain

 

武田テバさんのみ、白色のシートです、遮光のためだそうです。

他2社は、先発品の普通錠やチュアブル錠と似たオレンジ色のシートです。

各社、普通錠もOD錠もシートがオレンジですやや注意が必要かも・・

 

錠剤自体の見た目は、武田テバさんのみ先発品(シングレア®、キプレス®のOD)と同様白色の錠剤で識別コードの刻印のみです、ほかの各社はオレンジ色に両面印刷(名称⁺規格)です。

 

味情報です。

 

武田テバさん

味はメントール風味だが、清涼感(スースーする感じ)は無く、甘さも控えめの味付けで、先発品に近い感じです。

崩壊(口溶け)は先発よりはゆっくりな印象、錠剤自体の硬度も先発よりはしっかりしている印象です。

 

EE(KNも同様)

味は甘味のみで特別な香りは無しです。

崩壊(口溶け)はゆっくり(もっさりと)と溶けていく感じです。

錠剤自体の硬度は高め

 

タカタ(明治も同様)

味はバナナ風味です、甘さは強く苦味もなしです。

崩壊(口溶け)は先発品よりはゆっくりなイメージです。

錠剤の硬度は高め

 

以上です。

 

懸念されていた適応症も先発品と同一です。

 

合わせてお読みください。

先発品(シングレア®キプレス®の各剤型の味比較です)

モンテルカストナトリウムの味情報 - 薬剤師オジーの薬の味情報室

 

[http://
薬剤師ランキング:title]