読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師オジーの薬の味情報室

薬剤師オジーが、主に日本国内に流通する薬の味見を行い勝手に伝えるブログです、個人の主観的なデータですが医療従事者の方、子育て中の親御さん、薬飲みにくいなと感じてる年配の方の薬の選択の役に立てればと思い行っています。

第2回オジー実験教室 酸・塩基編

オジー 薬剤師オジー 酸・塩基反応 紫キャベツ アントシアニン クラリスロマイシン クラリス ムコダイン カルボシステイン カロナール アセトアミノフェン ジルテック アレジオン

第二回オジー実験教室 酸・塩基編

久しぶりに、実験編です。

今回の実験編も、当ブログのメインテーマの味ではなくほぼ趣味の実験ネタです。

 

今回は紫キャベツ染色液を作り、身近なもの(薬)の液性を確かめてみました。

 

まずは、紫キャベツ染色液から作ります。

 

用意するもの

紫キャベツ 1/4個、精製水1本(500ml)、耐熱容器、包丁、まな板、空のペットボトル、透明な容器(コップ)

最初は紫キャベツ液の作り方です

①紫キャベツをざく切りにします。

②耐熱容器に①のキャベツを移す

③②の容器に精製水を全量加え、電子レンジで15分ほど加熱します。

④粗熱をとり、こした液を空のペットボトルに移したら、染色液の完成です。

f:id:ozy89314-lab:20160819235018j:plain f:id:ozy89314-lab:20160819235108j:plain f:id:ozy89314-lab:20160819235133j:plain

 

早速、液性を調べます。

最初は、コントロールとして

身近な酸代表のお酢、アルカリ性代表として塩素系洗剤で色の変化を試します。

結果は・・

酢は赤、塩素系洗剤はグリーン(青)になっているので、色素液はしっかりできていることを確認しました。

f:id:ozy89314-lab:20160819235201j:plain

ここからが本題です

酸性側製剤代表として、カルボシステインムコダイン®とタカタさんのものを)

アルカリ性側代表製剤として、クラリスロマイシン(クラリス®とタカタさんのものを)、酸化マグネシウムマグラックス®)を

お子さんにもよく出る薬として、エピナスチン(アレジオン®)、セチリジン(ジルテック®)、アセトアミノフェンカロナール®)を試しました。

f:id:ozy89314-lab:20160820000019j:plainf:id:ozy89314-lab:20160820000045j:plain

f:id:ozy89314-lab:20160819235242j:plainf:id:ozy89314-lab:20160819235300j:plain

f:id:ozy89314-lab:20160820000115j:plainf:id:ozy89314-lab:20160820000136j:plainf:id:ozy89314-lab:20160820000153j:plainf:id:ozy89314-lab:20160820000214j:plain

 

結果は、

見た目の通り、カルボシステイン製剤は、きれいに赤色になりました。

f:id:ozy89314-lab:20160820000246j:plain

クラリスロマイシンは、どちらもグリーン(青色)ですが、先発のほうがやや濃いように感じます。

f:id:ozy89314-lab:20160820000305j:plainf:id:ozy89314-lab:20160820000329j:plain

 

マグラックス®もきれいな青色になりました。

他の3種類は特に大きく変化は感じられませんでした。

f:id:ozy89314-lab:20160820000350j:plain

最後に、クラリスロマイシン製剤とカルボシステイン製剤を混ぜると抗生剤であるクラリスロマイシン製剤の味が悪くなるから、混ぜないほうが良いの理由(アルカリ性のコーティングが酸塩基反応で剥がれてしまう)を確かめてみました。

各組み合わせで見た目の通り、酸性側に傾くという結果となりました。

f:id:ozy89314-lab:20160820000417j:plainf:id:ozy89314-lab:20160820000435j:plain

 

以上。 実験教室でした。

紫キャベツの中にはアントシアニン系色素が含まれています。

その色素が酸塩基間でやや構造が・・・

で色が変わります。

詳しい説明は、今回は省略です。

下手な絵でごめんなさいm(__)m

多分こんな感じ・・

f:id:ozy89314-lab:20160820000800j:plain

 

 

 

 

シロドシンOD錠(ユリーフ®OD)の味情報

味の素 口腔内崩壊錠 口溶け 第一三共 薬の味 オジー 薬剤師オジー ユリーフ シロドシン キッセイ薬品 バニラ

シロドシンOD錠の味情報

今回お伝えするのは、シロドシンOD錠(ユリーフ®OD)の味情報です。

 

普通錠とOD錠の見た目の違いから、普通錠とちがいOD錠は2mgも4mgも丸い形状です。

それでは、味情報です。

 

バニラのような香りと甘味があります。

溶けていく感じは良いが、粉がぼそぼそと崩れていくよな感じの溶け方です。

口の中で味わうと、苦みが出てきます(割と残る感じの苦味です)

(メーカーのページにはバニラチョコレイト味とあるけど、チョコの感じはあまりしなかったです)

以上です。

f:id:ozy89314-lab:20160816222804j:plain f:id:ozy89314-lab:20160816222827j:plain

最後に、いつもより喉が渇いて、おなかの調子が悪いのはきっと気のせい・・

 

手作りプリンで服薬支援情報その2

服薬支援情報 プリン クラリスロマイシン クラリス 苦い 苦味 オジー 薬剤師

手作りプリンで服薬支援情報その2

その1に引き続いて第2弾です。

その2では、ゼラチンと牛乳を使わないプリンを作ってみました。

 

用意するものは

卵 2個、豆乳 400cc、砂糖 大匙3、バニラエッセンス 適量です。

 

①卵を溶いて茶こしでこします。

②鍋に豆乳と砂糖を加え軽く温めながら混ぜます

③②と①を混合し茶こしでこします

④③にバニラエッセンスを加えて種が完成

⑤フライパンにお湯を張って一度沸騰させます(水の量はカップの半分くらいが隠れる量)

⑥⑤のフライパンに種を均等に分けたカップを並べます(カップはアルミ箔で蓋をします)

⑦フライパンにも蓋をして弱火で5分蒸します。5分経ったら18分火を止めて蒸らします

⑧粗熱が取れたら、4~5時間くらい冷蔵庫で冷やして完成です。

参考にさせていただいたレシピの詳細は↓です

フライパンで作る“とろりん豆乳プリン”♪ by ひろみん母ちゃん♪ [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが241万品

 

完成品はこちら

f:id:ozy89314-lab:20160628125036j:plain

やや柔らかめのプリンができました。

 

服薬支援ツールとしてはどうなのか?

こちらも、抗生剤と混ぜてみます。

使ったのはクラリス®DSです。

プリンが柔らかいので、食べるというよりは飲むのに近い感じです。

こちらの場合も、苦みに対してはしっかりとマスクしてくれると思います。

f:id:ozy89314-lab:20160628125103j:plain f:id:ozy89314-lab:20160628125119j:plain

 

小さいお子さんに、使うにはその1のほうが硬さがしっかりあるので使いやすいかなという印象です。

 

その2は牛乳やゼラチンにアレルギーがある方のためにとやってみました。

 

以上です。

 

手作りプリンの服薬支援情報その1 - 薬剤師オジーの薬の味情報室

手作りプリンの服薬支援情報その1

服薬支援情報 プリン 抗生剤 クラリスロマイシン クラリス 苦い 苦味 オジー 薬剤師

手作りプリンで服薬支援情報その1

ご無沙汰しております、オジーです。

今回は、プリンを使って(作って)の服薬支援情報をお伝えいたします。

 

まずは、プリンを作ります。

 

準備するもの

卵 1つ、牛乳 200cc、粉ゼラチン 2.5g、砂糖 大匙1.5、バニラエッセンス 2滴です。

 

1卵を溶いて、牛乳を加えてよく混ぜます

2茶こし(笊でもOK?)でこしながら鍋に移します

3弱火で温めながら、砂糖、水でふやかしたゼラチン、バニラエッセンスを加えます

41分くらい温めすぎないように注意しながら混ぜて種が完成

5均等になるようにカップに移して粗熱をとったら冷蔵庫で4~5時間冷やして完成

参考にさせてもらったレシピの詳しい作り方は↓です 

お薬飲めたねプリン by Beth035 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが241万品

 

完成したのがこちら

f:id:ozy89314-lab:20160628123457j:plain

やや固めのプリンです。

 

服薬支援情報です

抗生剤と混ぜてみます。 

抗生剤代表は、クラリス®DS

作者さんもしっかり混ぜて使うと書かれていたので、よく混ぜてみます。

硬さがあるプリンなので、しっかりコーティングしてくれます。

味ですが、しっかりとクラリス®の苦味をマスクしてくれていると思います。

f:id:ozy89314-lab:20160628123530j:plain

クラリス®の味をマスクできるのでたいていの抗生剤、粉の薬とは相性が良いのではと感じました。

 

以上です。

 

手作りプリンで服薬支援情報その2 - 薬剤師オジーの薬の味情報室

 

 

 

ドネペジル塩酸塩ODフィルムの味情報

薬の味 苦味 味見 口溶け フィルム錠 ドネペジル塩酸塩 メントール 清涼感 EMEC EE QQ

ドネペジル塩酸塩ODフィルムの味情報

今回お届けするのは、ドネペジル塩酸塩フィルム錠の味情報です、使用した薬剤は

エルメッドエーザイのドネペジル塩酸塩ODフィルム錠5mg「EE」を試しました。

 

外観は、他のフィルム錠と同様です。

錠剤自体は白色のフィルム

f:id:ozy89314-lab:20160602140948p:plain f:id:ozy89314-lab:20160602141023p:plain

 

肝心の味情報です。

 

口の中に入れた時から、l-メントールの清涼感を強めに感じます甘味も強くはないです。

口溶けはOD錠よりは早く無くなる印象です。

先発品のOD錠のような苦味は感じませんが、

l-メントールの量が多いのか?、辛味に近い感覚が後味として残ります。

フィルム錠全体に言えることとして、舐め方にもよるのだろうけども

やや上顎に付くような感じが気になります。

 

苦味をマスクできている点は素晴らしいと感じました。

 

 

あわせて参考にしてください。

ドネペジル塩酸塩OD錠の味情報 - 薬剤師オジーの薬の味情報室

ドネペジル塩酸塩内用液の味情報 - 薬剤師オジーの薬の味情報室

 

漢方服薬支援情報 第4弾

服薬支援情報 漢方薬 漢方服薬支援情報 板チョコレイト 抹茶ラテ 生チョコ

漢方服薬支援情報 第4弾

今回は、漢方薬(エキス顆粒製剤)服薬支援情報の第4回目です。

 

f:id:ozy89314-lab:20160412093926j:plain

今回は、生チョコレートを作ってみました。

レシピは今回も大手レシピサイトに掲載されていたものを参考にしました。

レシピ

用意するもの:

板チョコ4枚(200g)

生クリーム100ml

抹茶のラテの素1本

漢方エキス製剤1日分(今回は麻黄湯

f:id:ozy89314-lab:20160525130214p:plain f:id:ozy89314-lab:20160525130315p:plain 

作り方

①板チョコを細かく砕いておきます

②生クリームを必要量計測し鍋に移し、人肌程度に温めます

③①のチョコを②の鍋に移して、チョコの塊がなくなるまでかき混ぜます

④漢方エキス製剤を加え良くかき混ぜます。

⑤バットなどに移して冷めるまで放置します。

⑥適当な大きさにカット(1cm×1cmくらいを20個分くらい)したら、抹茶ラテの素をまぶして完成です。

 

④の作業を飛ばせば普通の?生チョコが出来上がります。

f:id:ozy89314-lab:20160525130356p:plain

味は、やや、アルコールが入っているような感じの味にはなりますが、チョコレイトの甘みと苦みと抹茶ラテの素の風味で漢方の感じを軽減できます。

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

バルプロ酸ナトリウムシロップ5%の服薬支援情報

薬の味 服薬支援情報 バルプロ酸ナトリウム デパケン 藤永製薬 日医工 第一三共 刺激感 オレンジジュース アップルジュース プリン ヨーグルト あんこ ジャム

バルプロ酸ナトリウムシロップ5%の服薬支援情報

今回は前回に引き続いて、バルプロ酸ナトリウムシロップの情報として、支援情報をお伝えします。

使用薬剤は、先発品としてデパケンシロップ®、後発品として藤永製薬、日医工のもの

服薬支援のツールとして、

オレンジジュース、アップルジュース、いちごオレ、乳酸菌飲料(カルピス®)、飲むヨーグルト、コーラ、麦茶、プリン、ヨーグルト、いちごジャム、りんごジャム、ママレードジャム、ブルベリージャム、つぶあん、バニラアイス、チョコアイス、抹茶アイスを使用しました。

f:id:ozy89314-lab:20160517140952p:plain f:id:ozy89314-lab:20160517141020p:plain f:id:ozy89314-lab:20160517141057p:plain f:id:ozy89314-lab:20160509225028j:plain

 

今回は表形式でお伝えします。

f:id:ozy89314-lab:20160517140501p:plain

総括として(個人として)は、バニラアイスに溶かしたり、プリンに混ぜるとなんとかなるのかなという印象です。

 

参考にしていただけると幸いです。

以上です

 

合わせてお読みください。

バルプロ酸ナトリウムシロップ5%の味情報 - 薬剤師オジーの薬の味情報室