読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師オジーの薬の味情報室

薬剤師オジーが、主に日本国内に流通する薬の味見を行い勝手に伝えるブログです、個人の主観的なデータですが医療従事者の方、子育て中の親御さん、薬飲みにくいなと感じてる年配の方の薬の選択の役に立てればと思い行っています。

ドネペジル塩酸塩内用液の味情報

ドネペジル塩酸塩内用液の味情報 今回お伝えするのは、ドネペジル塩酸塩内用液の味情報です。 今回は後発品である東和薬品の製品の味情報をお伝えします。 まずは見た目から 中身は、無色透明の液体です。 特に強い香りはないです。 味は、ややとろみ感のあ…

ドネペジル塩酸塩OD錠の味情報

ドネペジル塩酸塩OD錠の味情報 今回お伝えするのは、ドネペジル塩酸塩OD錠の味情報です。 (今回は、先発品であるアリセプト®OD錠、後発品として東和薬品と沢井製薬の2社製品を試しました。) まず見た目から 先発であるアリセプトDの5mgには割線はありま…

フェキソフェナジン塩酸塩OD錠の味情報(その2)

フェキソフェナジン塩酸塩OD錠の味情報(その2) 今回は前回味見した時から、味付けが変わったとの情報があったフェキソフェナジン塩酸塩OD錠「トーワ」の味情報です。 前回の記事はこちら↓ フェキソフェナジン塩酸塩OD錠の味情報 - 薬剤師オジーの薬の味情…

レボフロキサシン内用液の味情報

レボフロキサシン内用液の味情報 今回、お伝えするのはニューキノロン系抗菌薬のレボフロキサシン(先発品はクラビット®)の東和薬品のGEであるレボフロキサシン内用液「トーワ」®の味情報をお伝えします。 まずは、見た目から、 容量は250mgで10ml…

ロラタジンOD錠の味情報

ロラタジンOD錠の味情報 今回お伝えするのは、ロラタジンOD錠の味情報です。 (今回は先発品としてクラリティンレディタブ®錠、後発品(OD錠)として沢井、東和、日医工、富士フィルム、長生堂(JG)、フィルム製剤として持田(救急)のを試しました。 最初…

ボグリボースODの味情報

ボグリボースの味情報 今回お伝えするのは、ボグリボースのOD錠とフィルム剤の味情報です。 (今回は先発品であるベイスン®のOD錠と後発品として東和さんのものとフィルム剤としてQQさんのを各1種類) まずはOD錠です 最初に先発品である、ベイスン®のOD錠で…

フェキソフェナジン塩酸塩DSの味情報

フェキソフェナジン塩酸塩DSの味情報 今回お伝えするのはフェキソフェナジン塩酸塩のDSの味情報をお伝えします (今回は先発品と東和さんの2社) 前回、記述のOD錠の味情報と合わせて参考にしてください。 フェキソフェナジン塩酸塩OD錠の味情報 - 薬剤師オ…

オロパタジン塩酸塩の味情報

オロパタジン塩酸塩の味情報 今回お伝えするのはオロパタジン塩酸塩の顆粒とOD錠とフィルム錠の味情報です。 (今回は先発品であるアレロック®のOD錠と顆粒、後発品として東和さんのOD錠と顆粒とマルホさんのフィルム錠のものを) まずは顆粒の比較から 最初…

シロスタゾールOD錠の味情報

シロスタゾールOD錠の味情報 今回お伝えするのはシロスタゾールOD錠の味情報をお伝えします。 (今回は先発品と後発品2社(東和さんと沢井さん)のものを) 最初に先発品であるプレタール®OD錠の味情報から 先発品であるプレタール®の味ですが、特に変わった…

フェキソフェナジン塩酸塩OD錠の味情報

フェキソフェナジン塩酸塩OD錠の味情報 今回お伝えする味情報は、フェキソフェナジン塩酸塩のOD錠の味情報をお伝えします。(今回は先発品と東和さんの2社のものを) まずは先発品であるアレグラ®OD 先発品であるアレグラは口に入れた時からバナナの風味が広…

ランソプラゾールODの各社味情報

ランソプラゾールOD錠の味情報です 今回の味情報は、ランソプラゾールのOD錠の味を各社(先発、沢井、東和、ケミファ)の4社のものをお伝えします。 まずは先発品であるのタケプロン®舌触りのザラザラ感が少し気になるが、口溶けは悪くなく いちご風味で甘みも…

脂質異常症治療薬のピタバスタチンODの味情報

脂質異常症治療薬であるピタバスタチンODの味情報です。 今回の味見はピタバスタチンのOD錠を2種類 ピタバスタチンのODを2社(先発品と東和さん) まずは先発(リバロ®)から、 先発品であるリバロ®ODは苦みがあるとは言われていますが、オレンジとメントー…