読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師オジーの薬の味情報室

薬剤師オジーが、主に日本国内に流通する薬の味見を行い勝手に伝えるブログです、個人の主観的なデータですが医療従事者の方、子育て中の親御さん、薬飲みにくいなと感じてる年配の方の薬の選択の役に立てればと思い行っています。

マキサカルシトール軟膏の比較情報

マキサカルシトール軟膏の味情報

今回は、マキサカルシトール軟膏の比較情報(塗り心地など)をお伝えします。

今回は先発品(マルホ)である、オキサロール®と後発品を各社(ポーラ(PP)、高田製薬(タカタ)、岩城製薬(イワキ)のものを比較します)

 

先発:オキサロール®軟膏

後発:マキサカルシトール軟膏25μg/g「タカタ」「PP」「イワキ」

f:id:ozy89314-lab:20160328230622j:plain

まずはパッケージの見た目から

パッケージはタカタ、PPは先発に似せて作られている

イワキはかなり独自路線

f:id:ozy89314-lab:20160328230658j:plain

製剤の色は

先発とイワキはほぼ白色(白濁)です。

タカタとPPはやや透明感がある白色です。

f:id:ozy89314-lab:20160328230730j:plain

性状は?

先発、軟膏なので油分多めな感じで硬さもあり、次はイワキのも油分多めでGEのなかでは一番先発に近い感じだが硬さはこちらのほうが硬い感じ

タカタ、PPはやや水分量が多めな印象で、やや柔らかめです。

 

次に塗り心地です

先発、軟膏なのでややべたつき感はあるが、塗り心地良く延びもよい

タカタ、水っぽさはあるが、延びよく塗り心地に大差はなし

PP、タカタと同様と感じます

イワキ、塗り心地はいちばん先発に近い感じがします。(ぺたぺた感は強め)

 

味は、各社とも無味ですが、基剤のプロぺトの感じ(脂の味)はあります

 

以上です。

 

合わせて読んでみてください。

クロベタゾールプロピオン酸エステル軟膏の比較情報 - 薬剤師オジーの薬の味情報室

ニュース|中外製薬 (特許関連ニュースその1)

ニュース|中外製薬 (特許関連ニュースその2)