読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師オジーの薬の味情報室

薬剤師オジーが、主に日本国内に流通する薬の味見を行い勝手に伝えるブログです、個人の主観的なデータですが医療従事者の方、子育て中の親御さん、薬飲みにくいなと感じてる年配の方の薬の選択の役に立てればと思い行っています。

つくってみました発酵食品(第1回オジー実験教室)

つくってみました発酵食品

ということで、今回は(も?)、すこし趣旨からは脱線して、実験をしてみました。

噂で、乳酸菌製剤であるビオフェルミン®を使ってヨーグルトが作れるということで

試してみました。

 

使用した、製剤は、ビオフェルミン®、ビオフェルミンR®、ラックビー微粒N®、

ミヤBM®、ビオラクチス®の5製品を使用して試してみました。

恒温槽や培養器は今回は用意できなかったので、ヨーグルトメーカを使用

使用した機械は、ティファール®さんのマルチデリシス®を使用

f:id:ozy89314-lab:20160225093207p:plain 

早速、ヨーグルトづくりに挑戦

レシピはとりあえず、何も考えずに各製剤10g、牛乳40ml、発酵時間は10時間でチャレンジしました。

最初に、器具の洗浄 よーーく洗います。 熱湯消毒もして、自然乾燥。

 

器具の準備ができたら、実験開始といっても、

牛乳を測って、そこに製剤を入れて溶かして、

機械にセットして

f:id:ozy89314-lab:20160225095507p:plain  右列一番上は空、2段目がビオフェルミン®、3段目がビオR®

     左の列一番上がラックビー®、2段目がミヤBM®、3段目がビオラクチス®

あとは、ボタンを押すだけ、 出来上がりが楽しみです🎶

夜7時から初めて、8時にボタンをポチ。

f:id:ozy89314-lab:20160225121915p:plain

出来上がりは、翌日の朝6時・・・

 

楽しみにしてたのに・・・

結果から言うと失敗です。

①、②のビオフェルミン®たちは、底の方に沈殿(ダイラタント流体みたいなの)ができただけ、匂いもホットミルクの匂いで酸味などもなし

③ラックビー®は表面に薄い膜ができました、がやはりそこに沈殿が、匂いはやや酸味のある香りがヨーグルトに近い香りがします。

ミヤBM®も③ラックビー®と同様の結果だが、より表面の膜は大きく強めの印象で匂いもより酸味臭がしました。

ビオラクチス®たぶん成功です、完全に固まりました。 かなり固めのヨーグルト(柔らかめのチーズ状態) 匂いもしっかりとした酸味臭です

 

こんなときに、

勇気がなくて味見はできなかったです、味情報とか言っててすみません。

f:id:ozy89314-lab:20160225121831p:plain

考察

考察です、うまく固まらなかったこととして考えられることは3つかな?

①、培養時間の問題

②、濃度(菌数)の問題

③、②とリンクする部分もあるけど、活性(保存)の問題

かなと思います。

①に関しては、ヨーグルトメーカーの条件には(牛乳とヨーグルト)で作る場合は6〜12時間でできると書いてあった事と、時間の問題で今回は10時間を設定したため失敗、次回はタイムコースの実験を行う必要性がある

②に関しては、まったく考えずに設定したので、、、

後から調べてみると、

ビオフェルミン®は1g中に6mg、ラックビー®は10mg、ミヤBM®は40mg、ビオラクチス®は500mg対象の乳酸菌などが含まれているので、それぞれが、同じ条件ではいけない事がわかりこちらも、濃度の条件を設定しなければいけない事が判明

③に関しては、ビオラクチス®のみ冷所で保存されていたものを使用した事(他のものは室音保存)

の3点が失敗(成功)の理由かなと思います。

 

一度始めてしまった事なので、なんとか成功まで持って行きたいので、時間を作って頑張ります。

 

アドバイス等あれば、お待ちしています。