読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師オジーの薬の味情報室

薬剤師オジーが、主に日本国内に流通する薬の味見を行い勝手に伝えるブログです、個人の主観的なデータですが医療従事者の方、子育て中の親御さん、薬飲みにくいなと感じてる年配の方の薬の選択の役に立てればと思い行っています。

イコサペント酸エチル製剤の味情報

薬の味 EPA製剤 イコサペント酸エチル製剤 サワイ 沢井製薬 日本臓器 エパデール ロトリガ 魚の匂い 臭い 粒状カプセル

イコサペント酸エチル(EPA)製剤の味情報

今回は、イコサペント酸エチル(EPA)製剤の味情報をお伝えします。

今回は、エパデール®の後発品を2社(沢井と日本臓器)とEPADHA製剤のロトリガ®の2製品を試しました。

 

まずは各製品の見た目の情報から

サワイさん 粒はやや小さめです、900mgで粒の数は46個

日本臓器さん 粒はやや大きめです、900mgで粒の数は15個です。

 

製剤は違うけど、ロトリガ®

粒は沢井さんのEPA製剤より大きめ、規格が違うので比較するのもなんですが、粒の数は80個です。

f:id:ozy89314-lab:20160322231800j:plain f:id:ozy89314-lab:20160322231821j:plain 

 

飲む数で言えば、日本臓器さんかな・・・

 

次に味など

サワイ:舐めている分には特に味はなし、噛むと中から魚の味です、カプセルはわりと硬めです。

 

日本臓器:こちらも、噛んでしまえば魚の味が出てくるが、味の濃さは弱めなのかなという印象。

 

最後にロトリガ®:こちらも舐めていても味はないが噛めば魚の味が出てくるが青臭さはそこまで多くないが粒の数が多いのがやはり難点。

 

最後にここから下は良い子は絶対に真似してはダメです

EPA製剤を焼くと焼き魚の匂いです。 部屋中に匂いが付いて大変なことになります。

f:id:ozy89314-lab:20160322231904j:plain

 

もう一つ、魚の味がするってことで、

居酒屋オジーのメニューを一つ考えてみました。

f:id:ozy89314-lab:20160322232010p:plain

大根おろしに添えてみました。

f:id:ozy89314-lab:20160322232033j:plain

添えてすぐに食べると、カプセルの硬さが残っているのて、少し時間をおいてみると

 

カプセルが柔らかくなり 

いくらみたいな触感になります。 

 

まぁ~ 一回くらいならこれでお酒も行けるかも。

 

以上です。