薬剤師オジーの薬の味情報室

薬剤師オジーが、主に日本国内に流通する薬の味見を行い勝手に伝えるブログです、個人の主観的なデータですが医療従事者の方、子育て中の親御さん、薬飲みにくいなと感じてる年配の方の薬の選択の役に立てればと思い行っています。

カルボシステインシロップ5%の味情報

カルボシステインシロップ5%の味情報

今回お伝えするのは、カルボシステインシロップ5%の味情報です。

今回は、先発品としてムコダインシロップ®、後発品として高田製薬、テバ製薬の3種類を試しました。

f:id:ozy89314-lab:20160506222808j:plain

まずは、見た目から、3製品ともカラメル色素が入っているため?同じような淡黄色です。

f:id:ozy89314-lab:20160506222702j:plain

続いて味情報

まずは先発品であるムコダイン®シロップ

甘味はかなり強めだが、後からしょっぱいような苦味があり、やや後味は悪い

 

続いて後発品

 

テバ製薬のカルボシステインシロップ小児用5%「テバ」

液体の粘性がやや先発品より少ない感じ(薄目な印象)、味はすっきりした甘さになっており、後味は悪くないが、香り(匂い)の部分では先発より劣っている

 

高田製薬のカルボシステインシロップ5%「タカタ」

チョコバナナのような味で、苦みはなく飲みやすい、香り(匂いも)同様でチョコバナナと感じました。

単体で飲むなら一番かな?

 

今回の3つなら

味に関してはタカタ>テバ>先発

匂いに関してはタカタ>先発>テバ

かなと思います。

 

以上です。