薬剤師オジーの薬の味情報室

薬剤師オジーが、主に日本国内に流通する薬の味見を行い勝手に伝えるブログです、個人の主観的なデータですが医療従事者の方、子育て中の親御さん、薬飲みにくいなと感じてる年配の方の薬の選択の役に立てればと思い行っています。

レバミピドOD錠の味情報

レバミピドOD錠の味情報

今回お伝えするのは、レバミピドOD錠(先発はムコスタ®)の味情報です。

※先発品のムコスタ®にODの規格はありません

今回は、後発品でOD錠を発売している、明治さん、日新製薬さん(以下NS)、陽進堂さん(以下YD)の3社の味の比較です。

f:id:ozy89314-lab:20160914114047j:plain f:id:ozy89314-lab:20160914114107j:plain f:id:ozy89314-lab:20160914114138j:plain

 

まずは、見た目から

パッケージの見た目は各社バラバラ(テンプレートは同じかな?)

シートのデザインも同様に各社バラバラです。

錠剤の刻印も各社片面に識別コードのみの刻印です。

 

それでは、味情報です。

まずは明治さん

ミントの風味がかなり強め、そして苦みもかなり強めです。

後味も大分残ります。

崩壊感は、ボロボロと崩れていく感じ

 

続いて、NSさん

ほんのりミントの風味と甘味があります、苦みはあるがマスキングはされている感じ

崩壊の感じはほろほろと崩れていく感じです

 

最後に、YDさん

ミントの風味は強くなくやや甘味あるが、後味として苦味が残る

崩壊のスピードはゆっくりとボロボロと崩れていく感じ

 

以上から、味に関しては、YD≒NS>明治

かなと感じました。

[http://
薬剤師ランキング:title]