読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師オジーの薬の味情報室

薬剤師オジーが、主に日本国内に流通する薬の味見を行い勝手に伝えるブログです、個人の主観的なデータですが医療従事者の方、子育て中の親御さん、薬飲みにくいなと感じてる年配の方の薬の選択の役に立てればと思い行っています。

レボセチリジンシロップの味情報と服薬支援情報

レボセチリジン塩酸塩の味情報

今回お伝えするのは、レボセチリジン塩酸塩(ザイザル®)のシロップの味情報と何と混ぜるとおいしいかの情報です。

 

まずは単味の味情報から

レボセチリジン塩酸塩(ザイザル®)のシロップ単体の味ですが、特に変わった強めの香りはなく、すっきりとした甘さと思います、後から苦味が来ることはありません。

 

それでは、何と混ぜると美味しく飲めるのかを試してみます

今回は、オレンジジュースグレープジュースアップルジュースヤクルトヨーグルト麦茶で試してみました。(今回はザイザルシロップ2.5mlと各飲料などを混ぜています)

f:id:ozy89314-lab:20160202215058j:plain

 

まずは、オレンジジュースと混ぜてみます

1:1の比率で混ぜたときの味ですが、味は甘いです、そしてザイザルのあのシロップの感じが強く残る感じです。

1:2の比率で混ぜたときの場合は、薬の感じを薄くできる(オレンジジュースの味が増強)ので良いかも

f:id:ozy89314-lab:20160202215129j:plain

 

次は、アップルジュース

1:1で混ぜたときの味は、多少、薬の感じが残るがオレンジより飲みやすい

1:2で混ぜると、ほぼアップルジュースの味で薬の感じは無くなる

f:id:ozy89314-lab:20160202215221j:plain

続いて、グレープジュース

1:1で混ぜたときの味は、ブドウの渋い感じが抑えられ、薬の感じもなく飲みやすい

1:2で混ぜた時も同様です

f:id:ozy89314-lab:20160202215247j:plain

 

次はヤクルト®

1:1で混ぜた場合の味は、ヤクルトの味しか感じなく、後からも薬の感じはないのでかなり飲みやすいです

f:id:ozy89314-lab:20160202215311j:plain

 

麦茶で飲んだ時は

1:1で混ぜたときの味は、ザイザルの味と麦茶の風味がお互いに主張し美味しくない

麦茶で飲ませるときはかなり麦茶を多めのほうが良いかな・・

f:id:ozy89314-lab:20160202215335j:plain

 

最後にヨーグルトです

小さめのスプーン1杯のヨーグルトに、薬を混ぜてみたときの味です

こちらも、ヤクルトの場合と同様で薬の感じがしないので飲みやすいと思います

f:id:ozy89314-lab:20160202215354j:plain

 

以上より

お勧め度は、液体ならヤクルト®、固形のものならヨーグルトが良いかなと思います

 

 

似たような系統の薬でフェキソフェナジン(アレグラ®など)は果物のジュースで摂取すると効果が落ちるという報告もあるけど、今回はあくまで飲みやすさの改善というところに焦点を置いてやっています、本当は研究をしたいけど・・

もし、研究を手伝ってくださる方いましたら連絡お待ちしています。

f:id:ozy89314-lab:20160125215344j:plain