読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師オジーの薬の味情報室

薬剤師オジーが、主に日本国内に流通する薬の味見を行い勝手に伝えるブログです、個人の主観的なデータですが医療従事者の方、子育て中の親御さん、薬飲みにくいなと感じてる年配の方の薬の選択の役に立てればと思い行っています。

レボフロキサシン内用液の味情報

レボフロキサシン内用液の味情報

今回、お伝えするのはニューキノロン系抗菌薬のレボフロキサシン(先発品はクラビット®)の東和薬品のGEであるレボフロキサシン内用液「トーワ」®の味情報をお伝えします。

 

まずは、見た目から

容量は250mgで10mlです、やや量は多いのかなと

液体の色は黄色です。

匂いは、清涼感のある匂いがしますが、 芳香剤に近い匂いです。

f:id:ozy89314-lab:20160303205249j:plain f:id:ozy89314-lab:20160303205334j:plain

 

肝心の味です。

甘味はかなり強めですが、口の中に苦みや液体洗剤をなめたような味がします。

後味も、しっかり残ります。

内用液だけ飲むというよりは、さらに水で流すのが良いのかなと感じました。

 

最後に、錠剤の大きさのことを考えると、需要は少なからずあるのかなと思います。

粉砕とかをしなくてよいので、嚥下困難な方や胃ろうの方には進めやすいのではと思いました。