薬剤師オジーの薬の味情報室

薬剤師オジーが、主に日本国内に流通する薬の味見を行い勝手に伝えるブログです、個人の主観的なデータですが医療従事者の方、子育て中の親御さん、薬飲みにくいなと感じてる年配の方の薬の選択の役に立てればと思い行っています。

芍薬甘草湯エキス製剤の味情報

芍薬甘草湯エキス製剤(医療用)の味情報

今回は芍薬甘草湯のエキス製剤の味情報です。

今回は、ツムラ®さん、クラシエ®さん、コタロー®(小太郎)さんの3社のものを使用しました。

クラシエ®、コタロー®さんは細粒、ツムラ®さんは顆粒です。

 

内容量は

ツムラ®

カンゾウ6.0g、シャクヤク6.0g(1日量として)7.5gを2~3回に分けて(2.5g/包)

クラシエ®

カンゾウ6.0g、シャクヤク6.0g(1日量として)6.0gを2~3回に分けて(3.0g/包)

コタロー®

カンゾウ5.0g、シャクヤク5.0g(1日量として)6.0gを2~3回に分けて(2.0g/包)

 

まずは見た目から、

コタロー®さんが色合いでは三社で一番濃い 黄色?黄褐色です。

クラシエ®さん、ツムラ®さんと徐々に明るく(淡く)なっていきます。

f:id:ozy89314-lab:20161107212834j:plain f:id:ozy89314-lab:20161107212858j:plain f:id:ozy89314-lab:20161107212921j:plain

 

お湯に溶かした場合の見た目も、同様で

コタロー®さんが一番濃い色でクラシエ®さんツムラ®さんと色合いは徐々に明るくなっていきます。

f:id:ozy89314-lab:20161107212947j:plain f:id:ozy89314-lab:20161107213008j:plain f:id:ozy89314-lab:20161107213029j:plain

 

続いて味です。

コタロー®さん

甘味がかなり強めに感じますが癖や苦味は少ないので飲みやすいです

また細粒なので溶けも良いです。

クラシエ®さん

甘味は強くなく、漢方感(草の感じ)も弱めです。

こちらも細粒なので溶けは良好。

ツムラ®さん

ほんのり甘味がありますが、漢方感も少なく飲みやすい

顆粒タイプなのでやや溶けは劣る・・

 

最後に。

そのまま、粉薬みたいに飲むなら、量が少ないコタロー®さん(2g/包)

持ち運びは、スティック型のクラシエ®さん

溶かして飲むなら、甘いのが好きならコタロー®さん

         甘いのが苦手ならクラシエ®、ツムラ®さん

かなと思います。