読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師オジーの薬の味情報室

薬剤師オジーが、主に日本国内に流通する薬の味見を行い勝手に伝えるブログです、個人の主観的なデータですが医療従事者の方、子育て中の親御さん、薬飲みにくいなと感じてる年配の方の薬の選択の役に立てればと思い行っています。

飲みたくないをカレーで華麗に解決 第二弾

服薬支援情報 ジオー編 カレー味 辛くないカレー 漢方服薬支援情報 漢方薬 抗生剤 セフジトレンピポキシル メイアクト クラリスロマイシン タカタ 高田製薬 GABAN

飲みたくないをカレーで華麗に解決 第二弾

コンニチハ、ニホンノミナサン、 जियो(Diols)デス。

オジーワ、ワカッテタミタイダケド、ヤッパリヒハンガアッタミタイダヨ。

オジーワ、マタ、ナヤンデルミタイダヨ、

ダカラ、ワタシ、トモダチヲタスケルタメニマタガンバルヨ。

f:id:ozy89314-lab:20160421234621j:plain

前回はカレーすべてに漢方を混ぜたことで、全部飲まないといけないのがつらいとためになるご指摘をもらったので。

必要分の薬と混ぜてやってみます。

 

今回は、キーマカレー風のものを作成です。

スパイスの調合も前回とは違うものをジオーさんに教えてもらいました

(今回も辛くないカレーです)

 

それでは早速。 

①スパイスを調合します(今回は7種類)

f:id:ozy89314-lab:20160424224418j:plain

②玉ねぎ、ニンジン、ピーマン、ナス、トマトを細かくみじん切りにします。

f:id:ozy89314-lab:20160424224445j:plain

③フライパンに油を敷き、玉ねぎを中火であめ色になるまで炒めます。

f:id:ozy89314-lab:20160424224511j:plain f:id:ozy89314-lab:20160424224534j:plain f:id:ozy89314-lab:20160424224608j:plain

④玉ねぎに火が入ったらひき肉(今回は牛と豚の合挽)を入れます。

⑤軽く肉に火が入ったら、ニンジン、ピーマン、ナスも入れて炒めます。

⑥トマトと調合したスパイスとコンソメ、水を加えます。

⑦10分くらい煮込みます。

⑧完成です。

f:id:ozy89314-lab:20160424224627j:plain

カレー作りはここまで。

 

本題は薬との相性です。

今回は、漢方(麦門冬湯)、セフジトレンピポキシル(メイアクトMS®)、クラリスロマイシン(タカタ)の3種類を混ぜて味見。

 

1⃣:麦門冬湯

f:id:ozy89314-lab:20160424224654j:plain

苦味はなく、カレー単体時より甘味が増します、やや溶けにくいのが難点

2⃣:メイアクトMS®

f:id:ozy89314-lab:20160424224716j:plain

苦味は感じず、少し甘味が追加されます。(オレンジ色なのでカレーとの融合も問題なし、DSなので溶けもよい)

3⃣:クラリスロマイシン「タカタ」®

f:id:ozy89314-lab:20160424224735j:plain

先発より苦味はもともと少ない優秀なタカタさんの製剤ですが、

こちらも、苦みは出てこず、甘味が追加され飲みやすい

製剤の色も着色がないので、カレーに混ぜたときもわかりにくいのではないでしょうか。

 

今回の3つは、甘いカレーを作るという趣旨でもあっていたのかも。

カレーの風味で、苦い抗生剤の味もカバーできると思います。

 

以上です。

 

今回のオリジナルカレー粉のスパイスリストは

シナモン小さじ3/4

カルダモン小さじ1/2

クローブ小さじ1/2

クミンシード小さじ1

ターメリック小さじ1

ジンジャー小さじ1/2

オールスパイス小さじ1/4

です。(2人前くらいの量)

今回もスパイスはGABAN®さんの手作りカレー粉セットを使用しました。

株式会社ギャバン

 

最後に今回は少し水が多くてキーマカレーにならず風になりました。。

修行に行きたいな・・