薬剤師オジーの薬の味情報室

薬剤師オジーが、主に日本国内に流通する薬の味見を行い勝手に伝えるブログです、個人の主観的なデータですが医療従事者の方、子育て中の親御さん、薬飲みにくいなと感じてる年配の方の薬の選択の役に立てればと思い行っています。

Imodium(ロペラミド)海外製品 比較情報

Imodium(ロペラミド)海外製品 比較情報

今回は味の情報ではなく、海外OTCと国内医薬品の比較情報をお伝えします。

海外ではOTCとして販売されているImodium(ロペラミド)、国内ではロペミン®カプセルなどとして下痢止めの薬として処方されるお薬です。

 

脱カプセルした際の中身の粉の量はほぼ同じ? (計量はしていないので正確には?)

味は同じでほぼ無味ですが。

f:id:ozy89314-lab:20171028184637j:plain f:id:ozy89314-lab:20171028184707j:plain  

f:id:ozy89314-lab:20171028184733j:plain f:id:ozy89314-lab:20171028184759j:plain

流石?海外 まず規格が1カプセルですでに国内製品の2倍 

国内添付文書状では上限・・(適宜増減はついてるけど)

 

Imodium2mg の添付文書には(引用)

Acute non-specific diarrhoea:
For adults and children of 6 years and older: 2 tablets (adults) or 1 tablet (children) as an initial dose followed by 1 tablet after each subsequent loose stool.
Do not exceed the following maximum daily dosages.

WEIGHT IN KILOGRAMS (kg) MAXIMUM DAILY DOSE
        from 14 kg         2 tablets
        from 20 kg         3 tablets
        from 27 kg         4 tablets
        from 34 kg         5 tablets
        from 40 kg         6 tablets
        from 47 kg         7 tablets
        from 54 kg         8 tablets

って記載あるし・・ 

通常の大人は1回2カプセル 最大で1日8カプセルまで

 

って8倍量。

 

日本人と海外の方では体の大きさとか代謝とかいろいろ条件は違うと思うけどここまで差があるとは・・

 

以前、海外の患者さんに日本のアセトアミノフェンカロナール®など)は少なすぎて効かないと言われたことがあるけど・・

 

訪日観光客が増えている今、オリンピックも控えている中で発売されている規格容量の違いや用法上の容量の違いもしっかり把握しないといけないなと改めて実感しました。